防犯

玄関の防犯

鍵

玄関には元々鍵穴がありますが、その鍵を閉めているからといって防犯性が高いとは言えません。なぜなら通常の鍵穴だとピッキングに遭う可能性があるからです。そのため多くの家庭で玄関用補助錠が採用されています。これは今ある鍵以外に念のために取り付ける鍵となっていますが、新しく玄関に穴を開けて設置することがほとんどのため、業者に依頼して行なうことが一般的となっています。この玄関用補助錠ですが、一戸建てなら何ら問題ありませんが、借りている物件の場合は必ず大家さんや管理会社への許可申請が必要です。また玄関用補助錠の取り付けのときに穴を開けることになるので高額料金のイメージがありますが、通常の鍵開けや交換と同じくらいの料金で抑えることが可能です。ただ業者ごとに、あるいは取り付ける玄関用補助錠の種類によって料金は違うので必ず確認は行いましょう。今は高性能の暗証番号を押すタイプも出てきています。

玄関用補助錠を防犯のために取り付ける家庭が多いですが、理由として開けるのに時間がかかると相手に思わせるというものもあります。鍵を開けるのに時間がかかってしまうと、周囲の人に怪しまれますし、家主が帰宅してしまう恐れもあります。この玄関用補助錠で二重に鍵を付けることでピッキングされにくいドアへと変化します。この鍵を取り付ける場合、性能がいいものにするとそれだけ高くなってしまうので、部品費用以外の部分の料金を抑えたいのであれば出張費が無料の業者を選びましょう。