防犯

金庫のセキュリティ

金庫の鍵をなくしてしまった時の対処法

鍵

最近では一般家庭でも、頑丈で防犯性に優れた金庫を所有してるという方もいらっしゃいます。預金通帳や家の権利書などの重要な書類や物をしまっておけば、泥棒に入られたとしても、盗まれる心配がありません。しかし、万が一金庫の鍵をなくしてしまったら、金庫が開かなくなってしまいます。手提げタイプの簡易な金庫なら壊して開けるという方法もありますが、金属製の重たい頑丈な金庫だとそうもいきません。そのようなトラブルに見舞われたら、鍵開けのプロである専門業者へお願いするのが早道です。頑丈な金庫ほど自分で開ける方法はありませんから、鍵開けを業者へお願いするようにしましょう。鍵が開いた後には、防犯の面から言ってもすぐに新しい鍵に取り替えるのが良いでしょう。

暗証番号のある金庫の鍵開け

金庫などは暗証番号で開くタイプもあるので、鍵などを持っていても二重に鍵がかかっている状態なので暗証番号などを忘れない様にしなければなりません。セキュリティ面でも、どこかに暗証番号をメモしておくのは危険ですから、やはり自分で覚えておくしかありません。しかし、それを忘れてしまったら、金庫を開けることができませんから、まずは鍵開けを頼むために業者へ依頼するのが良いでしょう。鍵をなくした時と違って、この場合には暗証番号を後から変更するだけですむので、業者に鍵開けを行ってもらえばトラブル解決です。今後のためにも、絶対に忘れない番号を再設定するか、どこかに書き残しておいて、それを小さな金庫に入れておくなど、同じ失敗をしないようにしましょう。